【小学生のレジャー】あると便利なアイテムシーン別!実体験

子供が産まれてから思う事、、自分だけのお出かけや旅行って本当に楽だったんだなということ。

子供が一緒に出掛ける場合自分だけの2倍、3倍位の荷物になることが多々あります。

赤ちゃん連れの頃は、本当に大変だったけど、小学生になった今も意外に荷物が多く、現地であればよかったな!と感じるのは、毎回の事です。

今回は、小学生の子供と出かける時にあると便利なものをシーン別にまとめました。

特に、夏休みに良く行くプールやテーマパークに行った時には、物凄く色々後悔して次回は!絶対持っていくと思ったものを載せます。

テーマパーク内であると便利なアイテム

まず、小学生の子供連れでテーマパークへ行く時にあると便利なアイテムは

色々なテーマパークや遊園地がありますが、ディズニーランドやディズニーシー、富士急ハイランドに行くことが多いのでこの辺りを想定しています。

・レジャーシート

・携帯ゲーム機

・飲み物(多め)

・待っている時に食べる飴やガム

・透明なレインコート(雨降りそうな時、100均であります)

まず、車で行かない場合は、荷物を持って歩くことになるのでなるべく消耗を防ぐためにコインロッカーに預ける荷物は、分けて持っていくのがおすすめです。

ディズニーのロッカーは、お金が戻ってこないタイプなので一度入れたら最後まで開けたくないので預ける場合は、お土産などかさばるものを最初に買っておくのがおすすめです。

パーク内は、基本的に食べ物の持ち込みが禁止されていますが

公式サイトで調べた所

あめやガム、小さなお子様のおやつ、水筒、ペットボトルは、パーク内に持ち込みが認められているという事でした。

我が家では、小さな目立たない系のお菓子を持って行っています。例えば、腹持ちの良いクラッカーとかじゃがりことかプリッツとか持って行っています。

主に、2時間位待つこともある行列対策です。

ゲーム機

小さい頃は、行列の時にも本当に苦労しましたが今は、ある程度成長したので普段時間制限をしている家庭用携帯ゲームを持参して列に並ぶ時のみ使用を許可しています。

普段あまりできないゲームなので効果抜群で1時間位は、集中してゲームしているので列に並ぶのもあまり苦になっていないみたいで助かります。

ゲームをやらせないご家庭の場合は、普段読まないや経ちながら遊べるもの(周りに迷惑がかからないモノ)を持っていくと良いかもしれません。

もう少し子供が低学年の頃は、100円ショップで買った、お絵かきボード(書いてもすぐ消せる)を人数分買って行き声に出さないでなぞなぞとか、しりとりとか楽しんでいました。

子供は、飽きてしまうとチョロチョロしたり大人でも辛い待ち時間にじっと立っているのはきついのでなるべく楽しく待てるアイテムを持っていくようにすると親子共にストレスが少ないです。

飲み物もパーク内では、高めなのでスーパーやドラックストアで買っておくと3分の1くらいのお値段で購入できますよ。ただでさえ、テーマパークへ行くとお金が飛んでいくので(入場料だけでも(◎_◎;))

出来るだけその他は、抑えて行きたいところです。

レジャーシートは、かなり使えるものでしかも!軽いので是非持っていく事をおすすめします。レジャーシートと言っても100円ショップで売っている子供用の小さなもので充分です。

これを子供の人数分位持っていくだけで軽くて場所を取らないのにまあ、役に立ちます。

※レジャーシートは、全ての子供とお出かけする時に持参しておくと良い物に入ります。

テーマパークでは、大人でも疲れ果てるほど沢山歩き回ります。

夕方になるとヘトヘトで子供達も疲れた~を連発します。

前回行った時は、物凄く混雑していて歩き通しだったので疲れたと連発していた長男を日陰の隅っこの方にレジャーシートを敷いて30分位休憩させました。

(レジャーシートの上に寝っ転がらせました)

横になることで、椅子に座るよりもかなり体力が回復するようで30分後また元気に歩き出しました。

夜のパレードなどにもあると便利ですし、例え立ち見でも荷物を置く場所になるかなり使えるアイテムです。

真夏のテーマパークで特に役に立ったもの

真夏のテーマパーク非常に厳しい環境です。

もう、途中から声も出ない程疲弊します。

そんな時に猛烈に良かったアイテムが

・霧吹き(100円ショップ)

・ハンディ扇風機

・冷凍ペットボトル

・着替え

・日傘(普通の折り畳み傘でも可)

上記の品は、本当におすすめしますので是非是非!

特に、霧吹きは、空の物を持っていけば持ち運びも軽いですし、現地に水飲み場があるのでそういう場所で水を入れて暑くなったら子供たちにスプレーしてあげると身体からの熱が少し逃げるようです。

気化熱というのでしょうか?

大人もやってみましたが結構効果があります。

現地でも似たようなものが売っていて前に購入したこともあってとても良かったのですが、最近は、子供達が男子なのもあってキャラ物を嫌がるので100均でスプレーを買って行って自分たちで自由にスプレーさせています。

首や頭にかけて熱中症の予防にもなりますよ。(帽子の中に)

そしてそしてかなりのおすすめなのが

こちらの扇風機は、モバイルバッテリータイプにもなるのでディズニーでスマホの充電が切れた時にバッテリーとしても使う事が出来ます。

写真だとあまり涼しそうに感じないかもしれません。

私も、そう思っていました(笑)

思った以上に凄く涼しいのです。

テーマパークでは大活躍しましたよ。取り合いになったので人数分あると便利ですよ。軽いし

直射日光が当たってどんどん体力を奪っていくので帽子はもちろんのこと、日傘があると全然消耗具合が変わります。

私が、1本普通の日傘を持って行き、子供達の分は、学校に持っていく折り畳み傘を持って行きます。

順番待ちなどでずっと太陽に照らされている時に本当に役に立ちます。

真冬のテーマパークで非常にあってよかったもの

真夏とは逆に冬のディズニーは本当に激寒です。軽装備で行って途中でリタイアしたこともあります。

・携帯カイロ

・ブランケット

・ネックウォーマー

もうほとんど、防寒の対策です。

寒すぎてやる気が出なくなったら高い入園料が勿体ないので最後まで楽しく遊ぶためにもカイロなどをしっかりと対策しましょう。

ただ、貼るカイロは、意外に暑くなるシーンもあるので、子供には、手に持てるタイプだと便利です。

(うちは、子供が暑がりなのか暑いとすぐに剥がしたりします。)

夕方になると地面から冷気が伝わって来て激さむなので、小学生には、分厚い靴下をおすすめします。足元を温めるとかなり違うので

出来れば、靴下に貼れるカイロを貼ってあげるとかなり温まります

冬場は、荷物が多くなりますがお金はかかりますが入り口にコインロッカーがあるので車で来ていない人は、そこに預けて夜になったら防寒するとかでもいいと思います♪

そして、防寒着を着こむより効果を感じるのが、ネックウォーマーです。

首を温めると身体が温まります。

ネックウォーマーも効果的です。

とにかく、身体の首が付いている部分を温めると良いですよ。喉が弱い人には特におすすめ。

プールに行く時の必需品!

夏と言えばプールですが、プールにも色々な種類があっていく場所によってルールも違います。

室内型の温水プール、そして屋外型など色々ありますので各プール施設のサイトを見て確認をしてから行くと失敗が少ないです。

例えば、私は普段眼鏡なのですが、最寄りの温水プールで、メガネ禁止の所があって

外してください~と監視員に言われて、かなり視力が悪いので全く見えない状況で子供たちを見ることになり大変危険でした(;’∀’)

そんな事もあるので事前の確認がかなり重要かと思われます。

温水プールの場合は、忘れても困らないものが多いのですが、屋外型プールの場合は、

水着の他に、子供用のラッシュガードを持っていくのを忘れないようにしたいものです。

日焼け止めを塗ればいいと思いきや禁止の所も多いからです。

後は、防水ポーチが一つあると便利ですよ。

屋外プールに多いのが売店などがある場所です。

そういう所でアイス買ってとかいう事になるので、最悪盗られても大丈夫なくらいの小銭を入れて置ける100均のポーチみたいなものがあると便利ですよ。

お財布を置いておくのはとても危険ですのでしっかりとロッカーにしまいましょう。

子供が異性の場合は要注意!荷物を分けるのを忘れずに

同性のお子さんを連れていく場合は、特に気を付けた方が良いのがプールバッグです。

幼児の頃は、一緒のコインロッカーに入っていたので問題なく親である私が子供たちの水着や

タオルなどを持っていたのですが、

小学生になるとロッカーが別々になる時が来ます。

その時に、荷物を一つにまとめていて失敗した事がありました。

直前に気が付いて子供たちにカバンを渡したのですが、(自分の水着だけ抜き取って)

プールから上がって着替える時に自分のバスタオルが無い事に気が付きました。

水だくだくで男子ロッカーに声をかける事も出来ずかなり困りました。

取りあえず、自分のカバンに持っていたハンドタオルで頑張って拭きました。

これが私のほうだけにバスタオルじゃなくて本当に良かっと思いました。

後は、コインロッカーが100円を入れる形式の物が殆どなので

ロッカーを別れる際に、100円玉を持たせるのを忘れない様にしましょう。(経験済み)

子連れ飛行機旅行に行く時にあると便利なもの

国内の旅行に行く時に便利な物は、別の記事でまとめていますが、

⇒【家族旅行】一泊二日のレンタカー旅行で掛かった費用合計金額

特に飛行機旅行であると便利なものをまとめます。

飛行機は、電車やバス以上に閉鎖された空間で一度乗ってしまうと途中で降りる事が出来ないので親も子供と乗る時は、神経を使います。

狭い空間で泣かれたり愚図られたり、兄弟喧嘩をしたりすると周りの乗客の人にも迷惑がかかります。

・タブレット

・ペットボトル(機内でも貰えるけどちょこちょこ飲ませるために搭乗前に購入)

・ネックピロー

・足を置くアイテム(フットレスト)

・バスタオル(ブランケットも借りれますがバスタオルなら万が一こぼしたり吐いたりした時にも便利ですし、衛生的)

・S字フック(100均)機内で手荷物を掛けたり出来て便利

我が家が初めて子連れで飛行機に乗ったのは、次男が1歳台だったので、元CAだったママ友さんから色々と聞いて対策しました。

特言われたのが、耳抜きの大切さ!

離陸の時に特に注意で、とにかく水分を少しずつ飲ませる事!と言われていました。

そのため、乳児には、マグ(ストロー付き)で飲ませ、上の子には、ペットボトルを頻繁に飲ませました。

お陰で耳も痛くなることなく無事に過ごせたので良かったです。その他、タブレットなどは、子供の好きなアニメ動画を見せたりして乗り切りました。

やはり、子供が飽きない工夫と長距離フライトの場合は、

睡眠

という事で足を乗せる台(フットレスト)

がとても便利です。そのまま、横になることも可能です。

大人だとこういうものでも良いのですが

飛行機の中で寝てくれることが親にとって安息ですよね。

ただでさえいつもと環境が違うのでうちの子達は、結構神経質なのですが普段使っているアイテム(ぬいぐるみ)などを持っていくと安心度が変わります。

ベビーの時は、おしゃぶり必須でした。(普段は、殆どしてくれなかったけど)

現地に着いてからも猛烈に疲れる子連れ旅なのでどうか便利アイテムをバッチリ使って乗り切ってくださいね。

子供は急な体調不良もよくある!必需品まとめ

最後に子連れのお出かけや旅行で忘れがちだけど必須なものは・・

保険証と(あれば)小児医療証です♪

特に県外に行く場合は、子供の急な体調不良になった時や怪我した時に病院代がとんでもない事になりがちです。

私は、保険証などは、持ち歩いてなくすのも嫌なので極力持っていませんでした。

しかし、帰省した時に2度ほど病気と怪我で病院にかかりその経験から保険証と小児医療証と少し大きめの現金が必要だなと感じています。

特に子供が骨折した時は、テンパっている上に病院までのタクシー代もかさみかなりお金が飛びました!なので、上記の物は、忘れない様に気を付けています。

⇒【子供の骨折】小学生が骨を折るとお風呂も送迎大変!ギプスの痒み対策も!

もう本当に想定外の事が起こるのが子供とのお出かけです。

出掛ける度に、これを次は絶対持って行こうってものがあるので皆さんの必須の持ち物があれば、ブログに追加もしていきたいと思うので教えてほしいです(⌒∇⌒)


スポンサーリンク




にほんブログ村


にほんブログ村