【登校しぶり】休み明けの不安感!子供が行きたくないといった時にした対策


スポンサーリンク



「あしたから、学校行かない」

何とも親の不安をあおる言葉だと思いませんか?

我が子にこのセリフを言われて心臓や胃の辺りがえぐられそうになった思い出がよみがえります。

特にこの発言が多いのが休み明けの月曜日やゴールデンウィークなどの連休明け、そして夏休み明け、新学期の時期に多いのです。

嫌な気持ちが痛いほど分かりますが。実際親も憂鬱になりますよね。

我が家でも子供が登校しぶりだった時に、いつもは嬉しいはずの休み前が全然ウキウキしなくなって自分自身にビックリしました。

子供は、

どうして学校へ行きたくないのでしょうか。不安な気持ちは、どうしたら少しでも解消されるのでしょうか

子供が登校しぶりをするとどうしても早く行って欲しい

という気持ちで焦りが出てきてしまいますが時にそれが逆効果だったりしてまずは、子供の気持ちがどんなものか想像すると解決策が見えてくる場合もあります。

登校しぶりに悩んでいた子供にした対策をまとめました。

子どもの性格もそれぞれ違ういますが、

我が家の子供と似たような性格の子には、効果があるかもしれません!

親御さんの葛藤、お悩み、全ては分かりませんが、子供が学校へ行くのを嫌がった時

私は、本当に落ち込みましたし、食事もあまり摂れませんでした

第一に、子供が可哀想で可哀想で辛かったです。

にこにこ笑顔で通っている他の子の横で泣きながら登校する我が子を見ていると辛くて胸が張り裂けそうでした。

本当に行かせるのが正しいのか、いやいや学校へ行かせなかったら、本格的に不登校になってしまうかも・・色々な葛藤がありました。

それでも、子供の前では元気に振る舞わないといけない・・と思って出口の見えないトンネルにいるみたいでした。でも、少しずつ希望の光は、見えてトンネルから抜ける事が出来たのです。

少しでも、私の体験がお役に立てればと願っています。


スポンサーリンク



休み明けに学校へ行きたくない理由!

幼稚園行きたくない、保育園行きたくない、学校行きたくない!

こんな事をお子さんから言われた時、どんな風に思いますか?

子供が初めて、行きたくない!と主張したのは、幼稚園入園してすぐの時でした。

この時は、3歳児という事もあり、そのうち治まるかなと思って(理由が、ママと離れたくないと明確だった)気楽に構えていました。

しかし、小学校へあがり、、

学校へ行きたくない!

と言われた時にも、はじめの数日間は、新しい生活に疲れたのかな?

と思ってやり過ごしましたが段々と強く行きたくないと言われて、

子どもにどうして学校へ行きたくないのか理由を聞いてみた

理由を聞いてみると、子供にとっては、深刻な問題だったため、このまま根性だけで行かせる内容ではないかなと思って、かなり悩みました。

※具体的には、学校で恥ずかしい思いをしたことと、先生に対して不信感を感じたことが大きな原因でした。

数日間は、考えすぎて睡眠にも影響し、寝不足の毎日でした

子供に、どうして学校へ行きたくないのか聞くと

1番は、

・ママと離れるのが寂しい

・学校に居ると涙が出てきてしまう

・学校の作業で出来ない事があって不安

低学年の登校しぶりで、一番多いと思われる、母子分離不安

やはり、我が子もそれが強く出ていました。

しかし、入学してからしばらくは、元気いっぱい登校して、母のことなど

思い出しもせずといった感じだったので、

母子分離不安

になった大きな事件(本人にとっては大きなきっかけ)が起きたということでした。

何かのきっかけで不安が膨らむ!学校が嫌になる理由

・学校にいると不安(また同じ失敗をしてしまうかも)

だったようです。真面目で慎重な子は、怒られる事が恐怖な場合があります。

※うちの子供は、かなり元気で明るいキャラに見られますが、実は、意外に小心者の部分があります。

怒られないように過ごしているのに、先生に怒られた、、自分を全否定されたそう思ったり、次回も同じ失敗をするのではないか!

我が子は、そんなところから、不安のループに陥っていました。

不安というのは、大人でも本当に辛いものなので、とにかくまずは、

この不安を取り除いて安心させることが、一番の登校への近道だなと

感じたので、原因が分かってからは、

子供の不安を取り除くために出来る事に全力を尽くすと決めました。

そこからは、我が子の気持ちに寄り添い不安を認めて毎日出来る限り子供に付き合って安心できる時までいつも一緒に居るという選択をしました。(その子の性格にもよります)

学校へ着いて行き、先生と話し合ったり、帰宅してからも子供の気分を盛り上げたり、宿題や時間割は、負担になると思ったので、私が手助けしてやっと、少しずつ学校に慣れてきたなと思った所に、

⇒【1年生】学校に行きたくないと泣く子供への対処法 

⇒【学校へ行きたくない!】1年生の登校しぶりいつから行ける? 

タイミング悪く、長期のお休みがやってきました。

その名もゴールデンウィーク(GW)

正直、今休みが来るか!!!とこの時ほど、休みが嬉しくなかった事は、ありませんでした。

折角慣れてきたのに、今休みが続いたらまた学校行きたくない気持ちになるのではないか、と親が不安になったからです。


スポンサーリンク



我が家の休み明けに大泣きされた体験談と対処法

実際に、休み明けの子供のテンションですが、物凄く低く、暗い表情、何なら、今にも泣きだしそうな顔でした。

(親の私も泣きそうでした)

今年のゴールデンウィークは、飛び石連休で、間の平日2日がお休みでした。

3日間のお休みがあり、平日2日行ってまたお休みという流れでした。

学校が休みに入る前日に、子供は不安から学校で泣いてしまいました、(私は付き添っていた時間帯もあります)

しかし、楽しい想い出(担任に褒めてもらった)も出来、学校から帰宅した時点では、まあまあ今までに比べていい感じのテンションで帰宅しました。(大体帰宅時は元気だけど)

ただ、帰宅した時に、今日、どうだった??とさりげなーく聞いた時に、

まあ、楽しい事もあったけど、もう行かないよ!と言っていました(◎_◎;)

そして、3日間ゆっくりと連休を過ごして、休み明けの月曜日がやってきました。

前夜は、いつも明日学校行きたくないな。。と、ネガティブ発言が出ていたのですが、

前日の夜は、出なかったので、ちょっと期待をしていました。

私も、ドキドキしてかなりテンションをあげてから就寝させました。

ブルーマンデーという言葉があります。

大人でも憂鬱な休み明け、1年生にとって、どんなに辛い状況でしょうか。

今までは、学校行きたくないといいつつも、取りあえず靴を履いて、登校班へ行きという手順を踏んで、登校班では私の袖をぴったり持って、学校でもこちらをチラチラ見てという状況でしたが・・・

休み明けは予想を超えた大波乱!経験のない登校しぶり

その3日間お休みの休み明けの月曜日は、

玄関で、大泣きして絶対学校行かない!!

と言い少し強めに玄関から外に出そうとしても全然ダメで・・・登校班の時間も迫っていたので本当に困りました。

上の子供に先に行って貰い、ちょうど、お休みだった夫に登校班への連絡を頼みました。

(後から遅れていくので出発してください)

割と話せばわかるタイプなんですが、この日はかなり手こづりました。

泣いている状態でたとえ連れ出せたとしても、学校へ行くまでに泣きながら行かせても学校着いてから泣いている姿も見られると思ったし、

学校へ行く時に泣いている事でそれ自体が次の日からのトラウマになるだろうし・・とかでも、早くいかないととか短時間に頭がいっぱいになるほどいろいろな事を考えました。

さっきまで、玄関に居たのに、寝室まで脱走して汗いた息子に

何で学校に行かなきゃいけないの?と聞かれて

くちごもる私。

そういえば、なんでだろう??はっ、考えている場合ではない!!

登校班への連絡から夫が帰宅したのですが、いつも子供が登校を渋っている時にはいないので

初めての目撃です。それも強烈な・・正直、今までなだめすかして連れて行っていたけど今日はもう無理かもしれない。。。半分心が折れていました。

登校しぶりでパニック気味な我が子に親がした事

夫は、いつでも冷静で表面上慌てて居るように見えません。そして、子供の事は、基本ほっておけというタイプです。

この日は、めちゃくちゃ珍しく

子供を抱っこして、何やら話し始めました。

学校行きたくないの?お父さんも、会社行くの嫌な時がいっぱいあるよ。

でも、子供達やままの顔を思い出して頑張って行っているんだよ。

学校に行ってみたら意外に楽しい事もおきるかもしれないよ。

こんなようなことを、抱っこしながら語りかけていました。

夫は普段、自分の話もしないし、こんな語りかけをするタイプでは全然ないので

相当、子供が追い詰められている姿を見て色々考えたのだなと感じました。

取りあえず、学校には、教室にどうしても行きたくない場合は、保健室登校の様なものがあるので、その部屋で一旦気持ちを落ち着けてから教室に向かう子もいるという話を聞いていたので、そのお部屋に行ってみようか?という事で・・・

嫌がってはいましたが、何とか玄関から出して(ランドセルは私が持って)歩いていく事にしました。

途中の、通学路で電信柱がいくつもあるのですが、その電信柱に一本一本律儀に抱き着いていました。それを、私が行くよーと言って引き離していました。

だけど、歩いて行く途中で段々と抱き着く強さが弱まっているのを感じました。

少し落ち着いて来た子供に、私が語りかけた事です。

・以前からテレビで観ていたある貧しい国の子供がいてドキュメンタリー番組なのですが、

その子が、車の窓を拭く仕事をして生計を立てていて、(親が居ない)以前行けていた学校を

外から覗いてまた学校へ行くのが夢だみたいなことを話していたのですが、

・世界には、学校に行きたくてもいけない子もいるんだよ。という事

あとは、子供が学校に不安を抱いているのが行きたくない原因だったので

(失敗したりする事でまたやるんじゃないかとトラウマ状態)

・落ち着くまで、教室の前やらでお母さんが観ているから安心して行きな。

(学校の先生には了解を取っていますし、他に観て居るかたもいます)

いじめなど学校へ行くことで子供が被害に遭う可能性がある場合と何となくの行き渋り

での対処法は違う気がしていますが、正直今の私にはその場その場で

目の前の我が子を見て、我が子なりの対処法を考える事しか出来ませんし

今後、登校しぶりがおきる度に、狼狽して色々考えて悩むと思っています。

歩いているうちに、気分転換が出来たのか、奇跡的に、学校の近くへ行った時に

急に、自分でランドセルを背負い始めました。

それでも、教室には行きたくないといったので、今まで未知の領域である

安心できる保健室的な教室に向かってみました。

すると、ちょうど全校朝礼中で、保健室的な先生も不在でした。

しかし、別の先生が、その担当の先生を呼びに行ってくれて、

先生が、優しく学校に関係ない事から語りかけてくれたんです。

我が子は、実は結構おしゃべりなタイプで、嬉しかったみたいで段々と気分が晴れてきたようでした。教室に入りたくないなら、このお部屋でしばらく過ごそうか!でもその前に、ランドセルだけ、教室に置きにいこうか?

今朝礼中だから、誰もいないから

と言われて、教室に行きました。そして、誰もいない教室でランドセルを入れたり支度をして下の保健室的な教室に行こうとした時に、ザワザワと生徒たちが戻ってきました(;´∀`)

担任にも遭遇して、保健室的な教室の先生が担任に話をしていると

担任がこどもに何やら話しかけて、子供がうなずいていました。

一時間目は、何かのテストがあるから教室で受けてみる?と聞かれたようで

本人が、うん、と言った様でした。

なので、保健室的な先生もじゃあまた来たくなったらいつでも来ていいよ。と言ってくれて

その日は、奇跡的に教室に行けました。


スポンサーリンク



休み明け1日目を超えたら少しましになった

休み明け1日目は、着いた頃こそ涙目でしたが、帰宅すると楽しかったようで元気いっぱいでした。

授業で色々担任にも褒めてもらって嬉しい経験も増えてきたようでした。

※勉強面で、学校の登校しぶりが出る場合があるので、勉強面だけは、

入学前から準備していてよかったとこの時は、思いました。

⇒【入学前】1年生になる前に出来るようにしておいたこと 

徐々に、顔色も明るくなってきているのが親の目から見てもわかり、この分だともう少しで行けるようになるかなと思いました。

※この辺りは、我が子は、あからさまに顔に出るので分かりやすいです。

次の日の時間割をそろえている時に、明日もままと2人きりで学校に行きたい。

と言いました。

登校班だと、不安になるけど、ママと一緒に歩いていると安心できた。という事でした。

なるほど!こんなに、母を求めてくれているんだと関係ない所できゅんとしました。

しかし、登校班は、我が地域では必須のものでして、6年生になるまでずっとこの班で通うのです。なので、昨日は参加できなかったけど、なるべく登校班で行くものという事を当たり前の事にしたくて

よし!ままも一緒に行くけど、登校班は、参加するよ。

ママと一緒が良いなら登校班の一番後ろについて行こう!

という事で子供と話がまとまりました。

<次の日の朝>

次の日、朝登校班の場所まで多少は、行きたくない~と言っていましたが、取りあえず靴も履いて向かう事が出来ました。

(この行きたくない~と子供に言われるセリフは何年たっても辛いです)

すると、登校班の並ぶ場所で、いつもの場所、(前の方)でもいいかな~と言い出したので

一番後ろじゃなく、いつもの場所に並ぶことが出来ました。

実際に、現場に着いてみると少しは大丈夫と思えたようでした。

なので、ゴールデンウィークの明けた初日は本当に本当にやばい幕開けでしたが・・・

初日を乗り越えたことで本人なりにもかなり自信につながったようでした。

帰宅した時に、刺激しすぎないように(学校の事を聞き過ぎないように)

学校に行ってみたら、楽しい事があった!という話をしていました。

毎日毎日、少しずつ楽しい事をインプットしていけるように主に楽しい事記憶を沢山聞けるようにしています。

今後も、夏休みがやってきますが、今の調子で行けば大丈夫な様な気がしますが、色々とあると思うので今後も親子で話し合いながら乗り越えていこうと思います(^▽^)/

夏休み明けに、私が子供にした対策をまとめました。

⇒【学校行きたくない】登校しぶりが怖い!楽しさをイメージさせる 

登校しぶりに東洋医学が効いた!小児鍼と漢方薬

沢山の方がこの記事を読んでくださっているようで、嬉しい気持ちとともに

それだけ沢山の子供たちが、学校への登校しぶりがあるのだなと複雑な気持ちになります。

この記事以外にも、小学校のカテゴリーでまとめた、子供の登校しぶりなどの記事があるので少しでも参考になると幸いです。

現在、子供は、学校に1人で通えるようになり毎日楽しく帰宅して夜も朝も行きたくないと言わなくなりました。

しかし、親の私の方が、まだまだ色々考えてしまう事もありますが、(またなったらとか・・)その時は、その時考えようという気持ちで日々楽しく過ごせるようにしています。

我が子が、登校しぶりをした時に、思ったのが、大人でも会社が嫌な時とかに

精神的に落ち込み過ぎて身体に影響が出る時があるのですが、子供もそういう事って

あるのかなと思って、東洋医学的アプローチを2つしました

一つは、漢方薬でドラックストアでも売っている、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

という漢方を飲ませました。

これが、結構効果がありまして、勿論漢方薬というのは、

体質に合ったものがベストなのですが、こちらは、効果があったので記載しておきます。

我が家は、一時期漢方内科へ通っていて、その時に、子供にも診療を受けさせていたのですが、(夜中に悪夢ばかり見る時期があり、寝不足になっていた時期がありました。)

その時に、大体脈や舌を診てもらい、体質を教えてもらったのです。

余りにもストレスがかかると、子供でも自律神経が乱れると思うので、そんな時は、落ち着くまでこういったものを利用してもいいかなと思ったのですが、

子供には効果があり、半夏厚朴湯を飲むと落ち着くのが分かったようで、朝学校へ行く前にも、ママ、お薬飲むと言って自ら飲んでいました。ただし、うちの子は、漢方に慣れているため飲めたのかもしれません。(とても不味いです)

それから、鍼灸院(私が通っている)所へ連れていき、子供には、刺さない鍼というのが

あるのでそれを受けさせました。なでる感じです。

はじめて受けた時、くすぐったがり笑ってしまい大変でしたが、段々と背中を刺さない鍼で刺激されている時に、スースーと寝息を立てていてビックリしました。

普段は、昼寝も全くしない子で、寝つきも悪いのです。

終了した後に、頭の中に合った学校が嫌という気持ちとか色々な気持ちがスーッと消えたと言っていました。(勿論、ちょっとしたらまた出てきたみたいですが)それから、目が良く見える(視界がはっきりする)と言っていました。

家は、漢方を飲みながら、鍼も通ってどれが効果があったのかは分かりませんが、色々な効果で段々と落ち着いて学校へ行けるようになって、

不安が薄れて⇒不安が消えてという風になりました。

学校へ行きたくない理由が、不安(何らかの失敗や、恐れ)などの場合は、

不安要素を出来るだけ回避できるようにしてから、身体の方のケアをしてあげると

身体が良くなることで心も安定してくるのかなと感じた出来事でした。

私は、漢方と鍼を選びましたが、色々な方法があると思います。

沢山の方に見て頂いていると思うと、少しでも何か情報があった方がと思い、

追記しました。

親御さんも大変な時期だと思います。たまには、深呼吸して(息が浅くなりがちですよね)リラックスする時間を作ってください。

追記、

最近落ち着いて学校へ通えていますが、寝る前に簡単なヨガをやらせています。お家で出来る、ずぼらヨガという本を買って一緒にやっています。これも、かなり継続すると効果が出ます。上の子が反抗期なのですが、ヨガをやるとかなり、イライラが治まる様で自分でやっています。

長い文章をお読みいただき感謝します。


スポンサーリンク




にほんブログ村


にほんブログ村